不妊治療

不妊症の原因

不妊症の定義

「正常な夫婦生活があるにもかかわらず2年たっても妊娠の成立を見ないものを不妊という」と定義づけられています。
なぜ2年かというと、1回の排卵に対して妊娠を期待できる割合は10から25%といわれており、1年で80%が妊娠できる計算になります。
さらに2年以内で90%が妊娠でき、その後、妊娠率は低くなっていくからだといわれています。

原因

現在不妊で悩まれているご夫婦は10組に1組といわれていましたが、最近では6組に1組が何らかの不妊治療を行っていると言われています。
不妊の原因としては、大きく分けて以下となります。

  • 排卵障害
  • 卵管機能障害
  • 子宮障害
  • 男性原因
  • 免疫因子
  • その他の原因
  • 原因不明

これらの原因が単独、または複合で存在するために起こります。
ただし、これらの原因の中でもっとも多いのが原因不明です。また原因が分かったとしても異常が軽微であるものも大変多いといわれています。

不妊症の特定

不妊症は様々な要素が絡まりあって起こるので、簡単に予測することはできません。しかし、生理不順や生理痛から不妊症を予測することは可能で、卵巣や子宮に異常があると不妊症になる可能性が非常に高いからです。
不妊症は、時が経つとどんどん治りにくくなりますので、早めに相談・対処することをおすすめします。

避妊をしていないのに2年以上も妊娠しなければ、不妊症の可能性が高いので、専門医へ相談するべきと思います。
すべての場合に、原因、異常があるという訳ではなく、妊娠というプロセスは大変複雑なためにいろいろな原因が考えられますが、不妊症の20%は根本的な原因がわからないため、原因を取り除く治療ができないのが不妊症の特徴でもあります。

たとえば「精子の数が十分ある」からといって受精できるとはかぎりませんし、異常が見つかっても、それが本当に原因であるかどうかは実際のところはわかりません。検査ですべてが解決するということではなく、あくまで現状を把握するものなのです。

鍼灸が効く理由

鍼灸が効く理由

 

不妊症にには重篤な器質的変化(卵管が完全にふさがって排卵が起こらない等の臓器の異常や検査結果の異常)のある、外科手術等を必要とするものもありますが、不妊症の原因で述べられているように不妊症の大半が軽微な変調か、原因不明(器質的変化を見出せない)なのです。
これらは後に述べるように鍼灸治療の適応症といえます。

鍼灸治療、特に当院で行っている古典にのっとった治療方針は、人間の体全体をあるがままに見て、体調を良い方向へ向かわせる治療です。
鍼灸医学では、本治法、標治法という区分けで治療を行います。

不妊症治療での本治法

本治法は、患者さんの体質や脈をみて決めるため個々で異なります。

不妊症治療での標治法

東洋医学的に見た不妊の原因(西洋医学では「原因不明」と言われる場合)

お腹の積聚(しゃくじゅう)

簡単に言うとお腹の凝りです(子宮筋腫なども含みます)。
お腹も凝るのですか?と聞かれる患者さんがいますが、肩こりと同じように、お腹の筋肉も凝ります。患者さんのなかでも割と多い比率でこの凝りがあります。
西洋医学的には全く問題視されていませんが、東洋医学では重要視しており、この凝り固まりが、内臓を圧迫し機能低下を引き起こしていると考えています。
お腹の凝りを治療すると血行が良くなり内臓機能が向上し、妊娠しやすい体質へと変わっていきます。

お腹の冷え

ご自分のお腹を触る機会が少ないせいか、みなさんあまり関心が無いようですが、我々が触れると冷たい方がいらっしゃいます。お腹の気血の流れが悪く冷えている場合が多いのです。
内臓は冷えを嫌いますから、気血の廻りをよくして内臓の活発化をさせるようにします。
※体温とは違います

手足の冷え

西洋医学的にも不妊症の改善には手足の冷えを改善させるように指導されています。
手足の冷えは、一度起こるとお腹へ帰ってくる静脈血が冷えるため、冷たい静脈血が内臓近くを通ることを嫌い、血行を悪くします。するとますます血行が悪くなり冷えが加速されます。
十指間穴などの血行改善のツボを用いて治療します。

肩こり

腰痛は自覚症状の無い場合があります。自覚症状が無いので腰痛とは言わないのかも知れませんが、肩こりのある患者さんなどは、肩との引っ張り合いで腰の筋肉がパンパンに張っている方がいます。強いて言えば腰痛になる一歩手前の未病といえます。
何かの悪い要因が加わればぎっくり腰や腰椎異常をきたしかねません。
妊娠後の事を考え腰痛の未病を治しておくことも重要ですし、腰痛として自覚のある場合はもちろん、痛みのある病は精神的な圧迫となり、不妊の傾向が強くなります。

ストレス

ストレスという言葉は現代的な言葉ですが、古典医書の中には気の使いすぎによる病として比較的随処に出てきます。ストレスの原因は漠然としたものから仕事や家庭内のことなど具体的なことまで幅広くあり、不妊を引き起こす大きな原因となっています。
東洋医学的には五臓六腑、特に肝や胆などの内臓機能を強化することにより、ストレスに強い性格に替えていくことが出来ます。

月経異常

太りすぎの女性は妊娠しずらいことは周知の事実であり、適正な体重にすることは絶対に必要です。
ただし必要以上のダイエットを行い、逆に妊娠しずらい体質を作ってしまう場合もあります。
当院では妊娠するためのダイエットとして、耳ツボダイエットを取り入れています。不妊治療とは別料金になってしまいますが、太りぎみで、かつ不妊でお悩みになっている方は是非お試し下さい。

不眠

不眠は「眠れない」というストレスが更なる不眠を呼び、睡眠薬に頼るようになり、これが常習的になってしまう場合があります。このように薬を常用するため、睡眠薬の種類によっては、不妊の原因になる場合もあります。
また不眠は肩こりなどの肩頸のコリが強いときに発生しやすく、血流の微妙な変化が不眠と同時に不妊をも起こしている可能性があります。
不眠の治療は、肩頸のコリを取り血行を良くすると共に、自律神経の調節を行います。

自律神経失調

大変とらえどころの無い病気と認識されています。
症状的には、めまい、頭痛、肩こり、微熱、全身の筋肉が痛む、不眠、食欲不振、吐き気、汗の異常、手足の冷え、手足のしびれ、動悸、息切れ、慢性の下痢など、細かく列挙するとキリがない症状を呈し、強く出たり出なかったり、日々症状が変化したりします。
病院にいくにも何科の病院にかかればよいか分からず、現在の症状と関連のある病院を受診しても、器質的な変化が無く、血液検査等の検査結果にもあまり変化が出ないため「なんでもありません。気のせいでしょう。」といわれてしまう場合があります。
このような症状のある方は精神的に不安定で不妊傾向になります。
また、自律神経失調のお薬には胎児に奇形を起こす可能性があり、鍼灸などの安全な方法で治療されることをお勧めします。

栄養不良

不妊治療には適正な体力を養うことは当然ですし、不妊治療を行おうとしているご夫婦では、ある程度栄養面も考えてお食事を取られていると思います。お肉やお魚、野菜もと考えて料理を作る栄養学の本は簡単に手に入ります。しかし、それは、お口に入れた食べ物の栄養が必ず体に吸収されることを前提にして今の栄養学やカロリー計算はされています。
我々東洋医学的に見ると、きちっと消化吸収できる体じゃない限り、いくら栄養価の高いものを食べても体力は向上しません。
食べる食材も重要ですが、食べたものをしっかり消化吸収できる体にするよう治療しておく必要があります。

ご主人に問題がある場合

女性特有の病以外は、上記不妊の原因は男女同じです。
ご主人にある場合の確率は4割とされています。
男性不妊にも鍼灸治療は有効性が高いので是非治療をお勧めします。

不妊症治療での標治法

以上、不妊になりやすい症候を列記しておきました。

細かく述べればまだまだありますが、これらの症状に思い当たるならば、鍼灸治療で症状を解消緩和させ、本治法と共により受胎しやすい体作りをすることが必要です。

また、上記症状は、単一ではなく複合的に絡み合っています。これらが絡み合うと悪循環を起こし、体をより悪い方向へと向かわせます。
人間の体には自然回復力も備わっています。悪循環を断ち切ってよい方向に向かわせれば、人間の体は良い方向に向かいます。
この悪循環を断ち切りよい方向に向かわせる手段として、鍼灸は三千年の長い時間をかけ、試行錯誤しながら、進化してきた理想的な治療方法なのです。

不妊でお困りのご夫婦は是非一度鍼灸治療を試みてください。

不妊の鍼灸料金表

初診料 1,000円+税
不妊の鍼灸治療費 4,000円+税

※不妊治療は、お得な1年単位でのコース料金も設定しています。お問い合わせ下さい。

不妊治療 よくある質問

q 不妊治療には夫婦で伺ったほうがいいですか?
a ご夫婦で治療されることがベストです。
特に原因不明の場合はご夫婦共に治療し、体の活性を高めていくことが重要です。
q 不妊治療は、どの鍼灸院でもいいの?
a 鍼灸学校か研究会で不妊治療の勉強をされてきた方のいることを確認して治療を受けるほうがベストだと考えます。
国家資格を取った鍼灸師は、不妊治療を行うことは出来ますが、普通の鍼灸学校では不妊治療は教えないことが多いためです。
q 月経不順でホルモン療法中です。
薬を使いたくないのですが鍼治療は有効ですか?
a 不妊治療でホルモン療法を行っている患者さんの数は結構な比率になると思います。
其の中でもホルモン剤を服用すると具合の悪くなる方、薬剤への不安感を持たれる方などは、鍼灸治療に切り替えて不妊治療を行い成果を出されている方々もおります。
当院ではご本人の意思でホルモン療法からの切り替えか併用かを選んでいただいております。
どちらにしてもお体を健全な状態に持って行けば自然と月経不順も良くなります。
q 鍼は痛くありませんか?
a

鍼の尖端は二千年以上かけて痛く無く刺せるよう工夫されてきました。
鍼を刺したあとは神経や血管を分けて入っていくので神経を切りませんから痛くありません。

ただし針先が皮膚に触れたときの知覚はありますがこれは痛覚ではありません。
鍼を非常に怖がっていた方も、一回鍼治療を受けると許せる範囲内と言って鍼治療に通ってこられるようになります。
さらに他国の鍼法と違い、日本の鍼法は日本人のきめ細かい肌に合うように進歩研究されてきましたので、より痛みの少ない手技が完成されています。

q 灸は熱くありませんか?
a 灸には大きく分けて透熱灸と知熱灸、間接灸に分けられます。
透熱灸とは米粒の半分位の大きさの灸をすえて焼ききる方法で、若干熱さを感じますが、痛みやコリの強い場合は逆に気持ちよく感じます。
知熱灸は当院で良く行うお灸で、温かみを感じたら取り去る方法で気を温め廻らす手法で、熱くなく痕も残りません。
間接灸は皮膚に味噌やにんにく、塩などを厚く塗り其の上にお灸する方法です。
当院では、知熱灸が主ですが、透熱灸をする場合は説明をして納得していただいてから行いますので安心です。